50年前の古銭でも新品同様?劣化しない保管方法はコレだ!

自宅から見つかった古銭の対処法とは?

自宅の中を整理していたら家族が集めていたと思われる大量の古銭が発見されると言ったケースがあります。 古銭は無造作に箱の中に入れられた状態になっている事もありますが、空気に触れる事で金属は錆びる、緑青が沸くと言った具合に表面が汚れており、汚いからと捨ててしまう事も在るかと思われますが、古銭には1つ1つの価値があり、古銭の知識に精通している鑑定士に査定を依頼する事でお宝とも言える古銭が含まれている可能性もあります。 尚、古銭が錆びてしまう、緑青が沸くと言うのは空気に触れるからであり、汚れている場合でも価値は変わりません。 しかし、金属を磨く薬剤などを使って磨いてしまうと、綺麗になるものの、研磨剤などにより表面に傷がついてしまい、価値を損ねてしまうので注意が必要です。

空気になるべく触れない状態で保管するのがお勧め

古銭は空気に触れる事で錆びついてしまう、緑青が沸いてしまう事になるため、コインホルダーに入れておくのがお勧めです。 コインホルダーは文房具店などでも購入が出来るもので、幾つかのサイズが用意されているので、古銭のサイズに合わせてコインホルダーに入れておけば、空気に触れることが在りませんし、素手で触る事で指紋などがつくことも防止することが出来ます。 また、コインホルダーは専用のフリーアルバムに入れることが出来るため、本棚などに収集したコインを保管しておくことも出来ます。 尚、汚れが気になる場合にはコイン専用のコインクリーナーなどを使う事で綺麗になります。 但し、クリーナーを使って綺麗にすると言う事は古銭の価値が下がる事を意味しているため、将来的に買取りに出す場合は、そのままの状態で保管をしておく事がお勧めです。 また、コインホルダーに収めておくことでこれ以上の劣化を防止する事にも繋がります。

© Copyright Selling Coins. All Rights Reserved.