オリンピック?サミット?テーマ別にコインを集めてみよう!!

国内初の記念コインは?

記念コインはイベントを盛り上げる目的で発行される記念貨幣であり、日本国内での記念コインは昭和39年に発行された東京オリンピック記念の1000円銀貨幣と100円貨幣の2つが始まりです。 以降、日本万国博覧会記念、札幌オリンピック記念、沖縄国際海洋博覧会記念などの記念コインが発行されていますが、額面としては100円や1000円と言ったものが主流となっています。 しかし、昭和61年や昭和62年に発行された天皇陛下御在位60年記念は10万円の金貨幣であり、中でも昭和62年発行の天皇陛下御在位60年記念の10万円金貨幣は発行枚数が100万枚と言った具合に発行された枚数が少ない事からもプレミアがついています。

記念コインを集める場合には種類を選んで集めるのがお勧め

東京オリンピック、皇室の記念、イベントやサミットなどの記念を祝し発行されるのが記念コインです。 全てを集めるとなると、購入資金も多く必要になりますし、中にはプレミアが付いている記念コインも在るため簡単に揃える事が難しくなります。 しかし、オリンピックの記念コインを中心にして集めると言った具合に、集め方を決める事で費用をそれほど多くかけることなく、全シリーズを揃える事も可能になってきます。 記念コインは古銭に含まれている貨幣の一つであり、現在の価値は数年経過することで上昇することも在り、幅広く集めるのではなくジャンルを絞り込んで集めておくことでオリンピックが開催された時に記念コインの価値が上がり、買取りを利用する事で高く売ることが出来るチャンスも出て来ます。

© Copyright Selling Coins. All Rights Reserved.