眠ったお宝を活かそう!価値ある古銭を教えます。

明治時代の銀貨は狙い目です

一般的な誰でも手に入る流通している硬貨の中から価値ある古銭を探すことは、傷が付いていたりして難しいですが、今でも各家庭に眠っている古銭や相続した人が価値を知らずにまとめ売りをしていることがあります。発行時の価格を遥かに上回る古銭としては、明治時代に発行された銀貨が狙い目です。 1円銀貨は明治3年から大正3年まで発行されていましたが、中古美品価格としては3000円からの価格が付いています。中でも明治20年までに発行されている1円銀貨には最高100万円の価値が付けられているのです。偽物が出回っているために本物であることの鑑定が必要となりますが、長い年月に発行されている銀貨ですから、第二次世界大戦以前から集めている人の遺品の中に紛れていることも多いので、掘り出し物を見つけるチャンスでもあります。

金貨は平成に入ってからの記念貨が狙い目です

古銭と聞くと明治時代や第二次世界大戦以前のものばかりというイメージを持つ人も多いですが、平成に入ってからの金貨には価値が出てきています。プルーフ加工が施されている金貨は、傷が付きにくく保存性が良いので古銭とはいえ輝きが違います。 金相場の高騰が続いているので、額面の価格よりも金の含有量が多くなっている金貨が増えており、希少性と相まって価値が高まっているのです。平成16年発行の日本国際博覧会記念1万円金貨は、発行時の価格が40000円でしたが7万円を超える価格が付けられており、プレミア感が高まっています。平成11年発行の天皇陛下御在位10年記念1万円金貨も金価格の高騰により額面を超えた値付けがされています。

© Copyright Selling Coins. All Rights Reserved.